東京都心で藤を観よう!亀戸天神藤まつり

東京都心で藤を観よう!亀戸天神藤まつり

はじめに

藤スポットといえば栃木県のあしかがフラワーパークが有名ですが、実は都内にも素敵な藤スポットが存在します。その場所は、江東区亀戸。さっそくこの記事で詳しく紹介していきます。

亀戸天神

〒136-0071 東京都江東区亀戸3丁目6-1

JR線・東京メトロ 錦糸町駅から徒歩11分

JR線・東武線 亀戸駅から徒歩12分

藤の季節になると、亀戸天神では藤まつりが開催されます。日中はもちろん、夜間に見られる藤のライトアップも幻想的でおすすめです。
また、場所によっては東京スカイツリーと藤という都心ならではのコラボを楽しめます。

船橋屋亀戸天神前本店

〒136-0071 東京都江東区亀戸3丁目2-14

亀戸天神から徒歩1分

錦糸町駅と亀戸駅の中間地点に位置しており、亀戸天神から徒歩すぐです。店先にある美しい藤棚が視界に飛び込んできます。
そんな本店では期間限定で、藤のおしるこをいただくことができます。船橋屋を代表するくず餅がセットになっているため、リピーターはもちろん初めての方も、船橋屋の伝統の味を一緒に楽しむことができます。

藤のおしるこの甘さと温かいお茶がよく合います。

オープン直後から大行列ですが、案外回転は早いです。花粉シーズンも過ぎ気候もおだやかなうえ藤も楽しめることから、待ち時間はまったく苦になりません。

おわりに

桜が名残惜しい時期、亀戸へ足を伸ばせば、幻想的で美しい藤の花に心を奪われること間違いなしです。ぜひこの記事を参考にして、お出かけしてみてください。

🌸おすすめ記事

4月後半でもまだ間に合う!弘前さくらまつりについて別記事でまとめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です